【私も悩みました】転職決意と退職決意のモチベーションのあげ方

転職ノウハウ
スポンサーリンク

転職したいけど、なかなか決意できない

退職したいけど、退職の意思も固められない

そんな感じで10年経ちました(はい、かつての私のことですね)

定年までその会社に居る覚悟ができているなら、ずっと居ればいいんです。

でも、結局のところ、いずれ退職して、転職するなら

その決意は早い方が断然いいに決まっています。

 

辞めたいなー

どうしようかなー

決められないなー

 

そうやって過ごした10年は、本当に無駄だからです。

そして、この瞬間も、かつての同僚は

「辞めたい病」を発病しながら、まだ「辞められない病」に冒されて、その会社にいます。

 

ならばどうすればいいのか?

 

実際に私が退職、転職の決断をするに至った

「転職決意と退職決意のモチベーションのあげ方」

についてお話します。

【私も悩みました】転職決意と退職決意のモチベーションのあげ方

①「転職したい決意」が高まった瞬間に一気に動き出す

会社員をやっていると、1年間のサイクルの中で

「転職しよう」

「転職するぞ」

「すぐに転職活動しよう」

とモチベーションが高まる瞬間があります。

 

具体的にどんな瞬間かというと

「給料がアップしない」

「昇格もしない」

「見せかけだけの組織変更で成長が見られない」

そんな瞬間を目にした時です。

 

大体のケースで9月、3月あたりにそんな場面に出くわして、転職に対する決意が高まります。

いわゆる会社で言えば期末のタイミングですね。

 

そこを乗り越えると、さらに半年、辞められずに働く

といった感じでした(私の場合)

 

これを繰り返して気がついたら10年も経っていました。

この悪いサイクルを打ち止めにするには、

「モチベーションが高まった瞬間に何も考えずに行動すること」

もうこれに尽きますね。

 

転職サイトに勢いで登録して、あとは勢いで転職エージェントと面談して

どんどん企業にエントリーしていくだけです。

 

この行動が起こせた時に、実際に転職できて、今から振り返れば

人生をキャリアップできたように感じます。

おすすめ転職サイト・転職エージェント

■マイナビエージェント

転職するなら「マイナビ」と言われるくらいに鉄板の転職サービスです。

■JAC Recruitment

個人に向き合って相談に乗ってくれる転職業界のスペシャリスト集団

■リクルートダイレクトスカウト

TVCMでも頻繁に見かけるリクルートが運営するスカウトサービス

スカウト待ちで転職活動するなら登録必須

 

②とりあえず退職の意思を伝える

次の転職先も決まっていない状態で、とりあえず会社の上司に対して

「退職の意思」を伝えてしまう。

 

その結果、辞めないように引き止められるかもしれませんが、いずれにしても

退職の意思を伝えた事実は変わりませんので、いずれ退職に向かって進むことができます。

 

「次の転職先を決めてから退職する」というのがサラリーマンにとって正攻法であり、常識のように思うかもしれませんが

長年、転職、退職の決意もできず、モチベーションも上がらない状態を打破するためには、このくらいやらないやらないと一歩踏み出せなかった

というのを後々、私も気づいたわけです。

 

辞めることを伝えれば、会社を辞める方向に向かって人生は進んでいくし

生きていくからには次の仕事を見つけなければならないので転職活動をしなければなりません。

当たり前のことですが、

どうしても決意のモチベーションが上がらない人で、同じ場所で彷徨っているならば

とりあえず退職する事を伝えてしまうのも方法の一つです。

 

③老いた自分の姿を想像してみる

想像力豊かな人なら、自分の未来を想像してみるのも退職、転職の決意とモチベーションを高める方法としておすすめです。

私も時々、未来の自分をイメージします。

 

このまま、今の会社で働いて

定年して

老いて死んでいく

自分の姿を

イメージしてみてください。

 

きっと最後の瞬間の自分の心の中は後悔でいっぱいですよね。

「もっと色々できたのに・・・」

「もっとやりたいことあったのに・・・」

「あの時行動していれば」

 

行動できなかった自分を後悔している未来の姿がイメージできたら合格です。

あとは、そんな未来にしないように

今、行動すればいいだけなのですから。

 

おすすめ転職サイト・転職エージェント

■マイナビエージェント

転職するなら「マイナビ」と言われるくらいに鉄板の転職サービスです。

■JAC Recruitment

個人に向き合って相談に乗ってくれる転職業界のスペシャリスト集団

■リクルートダイレクトスカウト

TVCMでも頻繁に見かけるリクルートが運営するスカウトサービス

スカウト待ちで転職活動するなら登録必須

 

1度経験すると慣れるけど、最初の1度目が辛い

私もこれまで5回ほど転職してきました。

新卒から初めての転職は、若いゆえに「よく考えずに行動した」ことで転職したので

あまり深く悩みませんでしたが、2回目の転職はかなり悩みました。

その結果、10年以上も同じ会社で働き続けてしまったわけです。

 

もちろん、その会社で定年を迎えるなら、それでも全然構わないんですけど

いずれはスキルアップして起業したい!

という想いが心のどこかにあることを自覚していましたから

まさに今回の記事のテーマの通り

転職決意と退職決意のモチベーションを上げられずに、その会社で行き先も見えずに彷徨っていたわけです。

 

でも10年も務めた会社を退職して、2回目の転職をクリアした後は

もはや退職とか転職とかどうでも良くなってしまいましたね。

 

つまり、退職の決意とか、転職の決意とか

それらに関わる悩みとか葛藤とか

そういったものに対する抵抗が全部吹っ飛んでしまったのです。

 

人間は慣れます。

そして、かつて決意できなかった自分が、なぜそこまで決意できなかったのか

笑ってしまうほど、馬鹿らしく感じるようになります。

 

そして

こんな道は誰もが必ず1度は通ります。

 

私はそこに気づくまでに、10年もかかってしまいましたが、この10年は本当に人生において無駄でした。

これを読んでいる皆さんには同じような体験をして欲しくないのです。

だって本当に過ぎ去った10年は取り戻せないし

10年あれば人生を劇的に変えることもできるからです。

 

 

もし、退職の決意、転職の決意ができないなら、それでも構いません。

決意しないのも自分で決めたことだからです。

 

でも、遠い未来、老いた自分がかつて判断できなかった自分を後悔するようなことがあるなら、そんな未来を回避したいなら

今、決意が必要なタイミングなのかもしれません。

 

いずれにしても行動しないと始まらないですよね。

「まずは転職エージェントに登録してみる」

「そして話をしてみる」

小さな行動を起こして、後悔のしない未来をつくっていきましょう。

おすすめ転職サイト・転職エージェント

■マイナビエージェント

転職するなら「マイナビ」と言われるくらいに鉄板の転職サービスです。

■JAC Recruitment

個人に向き合って相談に乗ってくれる転職業界のスペシャリスト集団

■リクルートダイレクトスカウト

TVCMでも頻繁に見かけるリクルートが運営するスカウトサービス

スカウト待ちで転職活動するなら登録必須