【30代の転職は危険】転職せず周囲が辞めて離脱を待つ戦略もおすすめ

転職ノウハウ
スポンサーリンク

【30代の転職は危険】転職せず周囲が辞めて離脱を待つ戦略もおすすめ

コロナの影響はどこにったのか?まさに知り合いの優秀な30代は転職ラッシュです。

転職できる人は転職先も容易みつかるくらいですから優秀そのものです。

そうなんです、優秀な人ほど現在の会社や仕事に見切りをつけて、もっと条件が良くキャリアアップにつながる会社に転職します。

その一方で、全く転職せず今の会社で働き続ける30代もいます。優秀な人が続々と会社を辞める中、ひとり残った結果、昇進して給料を得ている人もいます。

今回は30代の転職について注意すべきことについてお話します。

転職せず最後まで居続けた人が会社で昇進する理由

日本の会社だけの、不思議な現象かもしれませんが、

転職せず最後まで居続けた人が結局、その会社で昇進するケースも見かけます。実際に筆者の周囲でも転職をする素ぶりを見せながらも最後まで居続けたことで昇進して高給をもらっている人がいます。

・新入社員で入社

・優秀な人材ではないが組織での生き方がうまい

・優秀な人は続々と転職、起業

・周りが辞めてポジションが空いてそこに収まる

といった感じです。

会社自体は何度もリストラが行われましたが、その中でうまくポジションを維持しながら生き残り、その会社に居続けているわけですが、実は30代においてこのような戦略は有効かもしれません。

他にポジションを任せられるほどの優秀な人がみんな辞めてしまったから、当たり障りのないプロパー(新卒入社から勤務している正社員)をあてるしかないという判断がここにあります。

なんか不公平を感じるかもしれませんが、このような会社は実際に存在します。ただし会社としては結果を出せず何度もリストラを繰り返しています。もうギリギリの状態が続いているわけです。それでも会社が倒産しない限り、最後まで居続けることで生きていくことはできます。

このような人生が楽しいのか?といえば楽しいわけありません。

でも彼自身はそれを割り切って生きています。割り切った生き方も戦略としてはアリなのです。

同僚の辞める辞める詐欺には要注意

この人はずっと「今の会社を辞める辞める」と周囲に発言してきました。結果的に周囲の人はみんな辞めていきましたが、彼自身は現時点まで会社を辞めていません。

そしてそのような発言は過去にしたことはない!と現在のハイレイヤーなポジションを獲得後は否定していますが、

実は何かあるたびに「辞める辞める発言」をする人の中には、そういった発言で周囲のライバルを辞めさせるための思惑が込められています。

「辞める発言を繰り返すのに辞めない人」はみなさんの周囲にも実在するかもしれませんが、そういう人とは速やかに距離をおくべきです。

みなさんの精神衛生上もよくないですし、変に影響を受けるのも避けるべきです。

優秀な人こそ会社を辞めて転職・起業する理由

一歩で、「辞める辞める詐欺」なんてなんとも思わない人も存在します。

筆者もいくつもの会社で働いてきましたが、「辞める辞める詐欺」なんて一切存在しない会社も存在します。そのような会社は業績は伸ばしていますし、働いている人も優秀で、積極的に会社を辞めて転職、起業します。

会社組織における評価も

「残ったから仕方なく昇進する」ということはなく「優秀だからポジションを与える」といったことを徹底しています。

でも本当に優秀な人たちは、会社のポジションにこだわることはありません。もっと成長して、もっと上を目指すために転職や起業に躊躇しません。

このような会社では前者の「転職せず最後まで居続けた人」は評価されることはなく、会社内でも最低評価でしょう。でもこの人は、新入社員から居続けるいまの会社では評価されてポジションを得ています。

つまり「会社や働く環境によって評価がぜんぜん違う」というわかりやすい事例なのです。

会社に過度に依存すると人生は詰んでしまう

周囲が続々と辞めていく中で最後まで残ったから仕方なく昇進した彼は現在40代です。今後もいまの会社に居続けるでしょう。そして、今後もそのポジションを維持しながら、会社が倒れるまで居続けるでしょう。

なぜなら、他の会社で働く能力も気力もないからです。

でも60歳で定年を迎えることになります。

しかし人生は80年は続きます。60歳以降、どうやって生き抜いていく術を持たず生きていかなければなりません。これまでポジションを得ていた人が、全くの無価値になって社会に放り出されることほど辛いことはありません。

つまり、過度に会社に依存し続けると人生は詰んでしまうのです。

もちろん60歳を超えて再雇用してもらえる可能性はあります。でも再雇用してもらうために会社に媚びながら生きていく人生が待っています。それって凄く収入もメンタルも不安定な状況です。

一方で、転職でスキルアップして世の中を生き抜く力をつけた人は定年を迎えても起業して自分の会社を持っていたりするかもしれませんし、フリーランスとして働いているかもしれません。

この差は非常に大きく、60歳になって気づいた時には手遅れかもしれません。

転職して経験を積んだ分だけ人間として強くなれる

一つの会社に居続けてサラリーマンを全うすることは必ずしもダメではありません。筆者の親世代もまさにその通りの人生であり、私もリスペクトしています。

でもコロナ禍のようなことが起こるような世界では、先行きは不透明であり、どうやって生き抜く力を身につけるかが重要です。世の中は我々が考えている以上にここ数年で大きく変わったのです。

ここ数年でこれだけ変わったわけですから、これから10年もすれば世の中は全く別の世界に変わっているかもしれません。そう考えると転職して経験を積んで、ひとりの人間として強くなる必要があります。

だからこそ、「転職せず、周囲が辞めてるように仕向けて、自分が残ることでポジションを得る」ようなことは長い人生で考えれば本当に無駄だと思いませんか?

もし、この記事を読んでいる皆さんが30代なら、一つの場所に留まらず、いろいろな経験をして生き抜くスキルを身につけて欲しいのです。

私自身もこれまで5回の転職をした結果、現在、会社経営をしていますが、転職してさまざまな経験をした結果、20代、30代の頃からは想像もでいないほど、人間として強くなれました。

現在ではなく、未来を見据えたチャレンジを諦めないで欲しいと願っています。

最後にこれまでの転職活動で実際に使ってきた転職サービスをピックアップしておきました。今回の記事がみなさんの一歩踏み出すきっかけになれば幸いです。

JAC Recruitment】オススメ度:★★★★★

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)】オススメ度:★★★★★

30代以上、年収800万円以上の取り扱い案件が中心の転職サービスです。様々な会社の転職エージェントが登録しており、転職エージェントと広く出会うには必須のサービスです。ある程度のキャリアがないと登録しても、オファーが少ない場合があるので予め認識しておきましょう。

doda】オススメ度:★★★★

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。20代から40代以上まで広くカバーした案件を持っています。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

マイナビエージェント】オススメ度:★★★★

大手の転職サービス「マイナビエーイェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

ランドスタッド】オススメ度:★★★

転職エージェントに相談したら、いろいろな担当者にたらい回しにされて興味がない業界や職種まで紹介された。まるで自分の営業案件を押し売りされる感じだった。ランドスタッドではそんな心配無用です。少数精鋭のコンサルタントが徹底的にサポートしてくれます。

レバテックエキスパート】オススメ度:★★★

エンジニアで、もっと上を目指すならばレバテックエキスパートは登録必須ですね。5年以上のキャリアを持つベテランアドバイザーが相談に乗ってくれるのですが、こちらもエンジニア系エージェントとしては質が高い。登録しないと転職活動で損をします。

転機】オススメ度:★★★★★

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。