30代、40代人生やり直すにはどうすればいい?(変化と継続で人生は変わる)

人生の悩み・メンタル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人生をやり直すには「変化と継続の掛け算」がおすすめ

こんな人生じゃなかった

こんな30代、40代、50代じゃなかった

と多くの人が人生に悩み毎日を生きています。もちろん、かつての私もそうでしたし、いまでもその思いは心の中にあります。

しかし、どんなに悩んで過去を後悔しても「いまのままでは何も変わらない」のです。

これは、紛れも無い事実であり、毎日悩んでも現実は何も変わらず、むしろ悪化していくことの方が多いかもしれません。

多くの人は「この人生を、現実をなんとかしたい!」と願っています。

しかし、明確な解決方法が見つからず毎日苦しんでいます。

そして「解決方法」さえわかれば、自分でもなんとかできるとも思っています。そこで、今回は「人生をやり直すために必要なこと」

「変化」と「継続」の「掛け算」という考え方についてお話しします。

実はこれからお話しする「変化」と「継続」を毎日、掛け合わせていくことで、「いま」を変えることができます。

多くの人が、この「解決法」にたどり着けませんし、たどり着けても、その方法を身につけることができません。

筆者が実際にたどり着いた「解決方法」も全部ご紹介します。

人生をやり直すために必要なこと「変化」

もし、あなたの現在が人生のどん底だったり、やり直したい人生なら「人生に変化」をつけることをおすすめします。

単純な話ですが、いまのままでは人生は大きく変わらないし、いま目の前にある課題もそのまま存在し続けるからです。

たとえば、会社勤めをしているとしましょう。

毎日9時に出社し18時まで仕事をしているとしましょう。

これを毎日繰り返しているだけでは、その状況は変わりません。

もちろん仕事の中で結果を出し、昇進し、給料を上げるという方法もあります。それは人生を変える方法としては「わかりやすい方法」です。

しかし、それができるなら、すでにやっているはずですし、それができないから、いま悩んで「人生をかえたい、やりなおしたい」と思っているはずです。

つまり、いまのままでは、やり直せる可能性が低いから、悩んでいるわけですから、このままでは「ずっと変わらない」可能性が高いですし、変化が早い現代において、あなた自身が変化しないと今の仕事も失う可能性すらあります。

そこで重要なのは「変化」というキーワードです。

この変化に気づくと人生を「変えられる」可能性があります。

その変化のやり方についてお話ししましょう。

①今の仕事を続けながら新しいことをやってみる

今の仕事の中ではあなたは変われない状況が続いてきたはずです。だから悩んでいるのです。

ならば、いまの仕事や環境の中で「変化」を模索するのではなく、いまの仕事はそのまま続けながら別の場所や時間軸で「変化」を模索してみましょう。

例えば私の場合は次のようなことが「変化」としてあげられます。

・ブログを書いてみる

・YouTubeをやってみる

・会社以外の人と何かはじめてみる

・ロードバイクをはじめてみる

・キャンプをはじめてみる

・絵を描いてみる

・小説を書いてみる

・ジョギングや筋トレをやってみる

・釣りをやってみる

・好きな人と話す

この「変化」とは「時間を忘れて没頭できる好きなことを毎日の中に組み込んでみる」という意味です。

ただし、この変化において重要なのは「お金稼ぎ」ではなく「あなた自身が好きなこと」を選ぶという点です。

これだけは間違えないでください。

繰り返しますが、お金稼ぎは忘れてください!

ただ、あなたが好きで好きで仕方ないものを見つけることに集中しましょう。

好きなことが見つからない人がいるなら

「とりあえず何でも試してみて、つまらなかったらすぐに辞めて次のことを試してみる」

でも構いません。3日坊主でも構わないのです。

これを続けていると、何かしら時間を忘れて夢中になれるものが、ひとつや二つは見つかると思います。

それを見つけたら、あとはただただ「好き」を貫いていきましょう。「好き」が加速すると、その分野における「マニア」「プロ」「専門家」になれますし、その行為自体は「好き」なのですから苦になりません。

そうやって「好き」を追求した後で、その「好きなこと」をお金に変える方法を考えるのです。

例えば「釣り」が好きになったら、それをテーマにしたブログやYouTubeをやってもいいのです。お金に変えることができたら、その瞬間に人生は変わります。

それをきっかけに、いまの仕事や環境は辞めてもいいですが、続けたとしても、もはや、いまの会社勤めはあなたの人生の主役ではなく脇役になるはずです。

②仕事を変えてみる

もうひとつの「変化」をつくる方法は仕事を変えるという方法です。

なぜなら「仕事」は毎日の時間の大部分を占めていますから、これを変えることで「変化」を作りやすいからです。

転職することで「環境をリセット」できますから、確実に変化は生まれます。ただし、ここで重要なのは

「今の仕事とあまり変わらない会社や業界への転職では変化は生まれにくい」という点です。

そして

転職することが目的になってしまうと、いずれ、「いま」と同じような「人生をやりなおしたい「どん底」に戻ってしまう可能性があります。

よって、転職することが目的ではなく、人生を「変化」させるための「きっかけになりそうな転職」を心がけることがポイントです。

新しいスキルを身につけられる転職なら、給料が下がってもそこに「変化」を求めるべきです。

なぜなら、「人生をやり直したい」と本気で考えるなら、いまの延長線にある人生では「人生は大きく変えられずやり直せない」可能性が高いからです。

【参考記事】IT系おすすめ転職サイト・転職エージェント厳選3選【転職を人生の転機にしよう】

人生をやり直すために必要なこと「継続」

人生に「変化」を見つけることができたら、次にやるべきことは「継続」です。

人間は「継続して続けること」が苦手です。

しかし、毎日、継続できると大きな武器になります。

なぜならほとんどの人が継続できないからです。

でも継続することが体に染み付いていない人は最初、なかなか継続することができませんから、ほとんどの人がここで脱落してしまいます。

実は「人生やり直したい」「人生どうすればいい」という課題に対する答えのほとんどは「継続すること」で解決できます。

①毎日少しづつ続けてみる

朝起きたら顔を洗いますよね?歯も磨きます。

毎日「継続」できているわけです。

ですから、朝早く起きて1時間だけ「夢中になれること」を継続して実行してみる

これだけで人生はやり直せる環境が作れます。

寝る前でもいいですし、時間の作り方はみなさんにお任せします。

ポイントは「毎日続けること」です。

例えば、この記事も朝7時に起きて書いていますが、最近、在宅勤務が増えたことにより、本来なら通勤電車に乗っている時間を私は「継続するための時間」に充てています。

ポイントは「やらなければいけないから継続する」ではなく

「歯を磨くように習慣化された状態」にすることで「継続している」という状態をつくることです。

例えば「毎日寝る前にはノートPCを開いて作業をすること」を習慣にすることが「続けるためのポイント」です。

そのためにはどうするのか?

いろいろな方法がありますが、私はビールが好きで毎日1本、お風呂上がりに飲んでいるので、ビールを飲む前に必ずやる、ビールを飲んだら必ずやる(ビールを飲みながらでもOK)というところから、緩く始めてみるのは「継続がストレスにならず、義務感にもならず」おすすめです。

いきなり、「継続」を意識しすぎると嫌になってしまいますので、最初は適当で緩く毎日の行動の中に盛り込んでいくのがおすすめです。

人生をやり直すためのコツは「変化ある継続によるアウトプット」

「変化」×「継続」という「掛け算」ができれば、もう人生やり直せたようなものです。

心の変化も起きているでしょうし、いままでの辛い毎日は、あなたの中では既に過去になっているでしょう。

ただし、これからお話しすることが最も重要です。

「変化」×「継続」という「掛け算」ができても、実際に「目に見える形」「モノとして残る形」で変化がアプトプットされていなければ自己満足に過ぎず、人生は変えられません。

 

例えば「変化」をつくるために「英会話レッスン」をはじめたとしましょう。これは「わかりやすい変化」ですし、スキルも身につくのでおすすめです。

【参考記事】レアジョブに受け放題プランがあるって本当!?気になる料金も紹介

 

しかし、英会話スキルが身についても「人生は変わりません」

「人生やり直したいと思い続けるでしょうし、どん底状態は変わらず、目の前に存在します」

英語は使って始めて価値を生みます。身につけただけでは価値を産まないのです。

つまり重要なのは「変化ある継続によるアウトプット」が毎日残せるか、という点にあります。

例えばわかりやすい例をあげると

「今日、ブログを書けばブログ記事というモノがアウトプットとして残せます」

「でも、今日ブログを書かなければ、あなたの世界は昨日と同じで変わりません」

あくまでもブログはわかりやすい一例にすぎませんが、「人生をやり直すための変化」は何かしらアウトプットとして毎日残し続けなければ意味がないのです。

毎日の会社の仕事に追われて、ただ作業をしてこなしている状態では、結果的にあなた自身のスキルはアップしているかもしれませんが、世界を変えるアウトプットは存在しません。

仕事を通して1年後に新商品を発売できるかもしれませんが、今日、新商品を発売できるわけではないですから、今日のアウトプットはゼロになります。

つまり「変化ある継続によるアウトプット」を毎日、この世界にモノとして残し続けることが重要なのです。

そういった意味では「ブログ」「YouTube」は記事として毎日積み上げることができるので誰でもできるアウトプットの方法です。

筋トレも「筋肉」というアウトプットをあなた自身の体に残せるため、似たようなものかもしれません。

お店経営をしている人ならば、毎日がアウトプットの連続でしょう。

そしてアウトプットの積み重ねが「お店」という資産形成に繋げっています

ただ会社に雇われ「作業」をしているだけでは、それはアウトプットとしてモノに残らないのですが、経営者としてのアウトプットは日々が資産形成に繋がっているわけです

まとめ

最後にまとめると

「人生をやり直す」にはアウトプットによる積み上げができるようにならないという結論に至ります。

つまり究極的には誰かに雇われ、人生を決められてしまう側ではなく、誰かを雇う必要はないけど、自分で人生を決められる場所で生きていくことが本質になります。

すぐにその状態に到達するのは難しいかもしれませんが、

「変化」×「継続」=「掛け算」

を組み合わせることができれば、そこに到達するのはそれほど難しくありません。まずは、今回紹介した「掛け算」を始められるかが人生をやり直せるか、の分かれ目になります。

タイトルとURLをコピーしました