新築と中古マンションどっちがお得?購入者がメリットデメリット徹底比較

みなとみらい不動産

マンション購入を検討しているけど

新築?それとも中古?

どっちが最終的に賢い買い物になるのだろうか?

そんな悩みを持っている方に

実際にマンション購入経験のある筆者が、実体験をもとに感じたメリット、デメリットについてお話しします。

女性会社員の表情イラスト「考え・悩み」

今回の記事はこんな人の疑問に答えます

・新築マンションのメリット

・新築マンションのデメリット

・中古マンションのメリット

・中古マンションのデメリット

・新築マンションはこんな人におすすめ

・中古マンションはこんな人におすすめ

次は新築?それとも中古?

買い替えを検討している方は、まず現在お住まいの自宅がいくらで売れるか知っておくと便利です。

【年間利用者360万人】マンションの一括査定ならマンションnavi

【オーナー登録で価格がわかる】ノムコムマンションデータPlus 

 

新築マンションのメリット

ざっくりメリットをまとめると

新しいゆえに、中古にはないメリットが多数あります

 

・誰も住んでいない新品なので汚れ、匂いがない

・室内キッチン、ドアなどの材質など最新

・保証が効く

・新築ゆえに施設に破損や補修の必要がない

・修繕費が安く設定されている

・修繕費、管理費の回収遅延が存在していない(新築だから)

・大規模修繕がまだ先なので初期コストは低い

・同時入居なので初期段階における近所との関係構築がつくりやすい

・駐車場スペースを確保できる確率が高い

・耐震偽装などの問題があった経緯から厳しいチェックの中で建築されている

・中古よりも高く売れる、場所や部屋の希少性では値段が上がる場合も

・住民管理組合の担当になっても問題がでにくい(老朽化の問題がないので)

 

新築マンションのデメリット

新築マンションゆえのデメリットは、多くありませんが、いずれもメリットが相殺されるくらいのパワーを持つデメリットといえます。

ただし、前出のメリットが「すべて明らかに存在しうるメリット」である一方、こちらのデメリットは「不確定要素が多い」という違いがあります。

・値段が高い

・場所、希少性によって資産価値が購入時から大きく下がるリスクある

・耐震偽装など未知な問題が発生するリスクはある

 

中古マンションのメリット

新築マンションのデメリットが中古マンションでは解決されている点がメリットとなります。

・値段が安い

・値段が安いということは

 買える人が多いということなので売りやすい場合がある

・一定期間経過していることから建物の欠陥有無がわかっている

・資産価値の極端な暴落のリスクは少ない

 

中古マンションのデメリット

新築マンションではメリットだったことが、中古マンションでは担保できずデメリットとなります。

・建物の建材、構造、室内機器などが古い

・経年劣化による故障破損、汚れ匂いがある

・大規模修繕がこれから必要である。またはすでに必要である

・新築に比べると修繕、管理費が高い

・駐車場が確保できない、すべて埋まっている場合がある

・住人内でコミュニティができあがっており入りにくい可能性あり

・築10年のマンションなら10年後には築20年になりますので、経過年数とともに売りにくくなっていきます

 

新築マンションはこんな人におすすめ

・予算に余裕がある方

・最新施設で今の生活を楽しみたい方

・今後、買い替えも想定している方

→将来、さらに別のマンションへの買い替えも想定している人

 新築マンションなら10年経過しても築10年ですから、価格の値下がりを抑えながら買い替えできるメリットはあります。

 

中古マンションはこんな人におすすめ

・予算が限られている人

・予算はあるけど、抑えて他のことにお金を優先したい人

・最新の機能性を求めない人

・これから10年、20年後のマンションの状態がある程度予測できて、安心して計画的に生活したい人

→永住タイプ、または買い替えをそれほど考えていない人

築10年のマンションは10年前の技術で建てれていますから、外壁、内装、設備など進化している中で遅れています。10年後には20年になりますから、築年数的には売りにくくなっていきます

 

ぶっちゃけなところ個人意見として新築、中古はどっちがいいの?

一般論ではなく個人的意見だけを書いてみると

・居住したい地域の今後の発展性、マンション供給状況

・一般的な低層マンションか、タワーマンションか

これらの要素から、購入したいマンションの地域における希少性、ポジションをまず考えます。

その結果、値段が下がる可能性があるのか、あまり変わらないのか

むしろ値段が上がる可能性があるのか

といったことを推測した上で

 

①もっと良いマンションや戸建てに将来ステップアップしたい、ゆえに永住は考えておらず、10年以内に買い替え前提なら

新築、かつタワーマンションは有力な選択肢になります

 

②子供がいて部屋の大きさや、周辺の居住環境、また同じ世代の家族が集まるコミュニティが望ましいなら、

既にコミュニティが存在し、10年後の未来も予測しやすい中古マンションを選択します

 

どちらか必ず選ばなければならない状態なら、①を選びます。

なぜなら10年前の2009年製のマンションと、

いま2019年製のマンションでは、設備や建築構造が全然別モノというくらいに、たった10年でテクノロジーが大きく進化しているからです。

 

たとえばわかりやすい例として

床暖房、浴室乾燥機なども10年前はオプションでしたが、現在はほぼ標準装備で、かつ性能も全く別物だからですね。

そして、売却する時は10年を迎えず8、9年くらいに売った方が高く、かつ売りやすいというメリットもあります。

あくまでも個人的意見なので参考程度にしてください。

 

まとめ

中古、新築マンションの比較について、経験をもとにまとめてみましたが参考になりましたでしょうか?

もし買い替えを検討しているなら、自宅の価格をチェックをしてみると良いと思います。

買い替えにあたって、自宅売却を近所の不動産屋さんに依頼する時も、その不動産屋さんと相談して価格設定を決めて売りに出すのですが、その価格、本当に適切なのか、自分でも調べておくと、

・安く売りすぎて損をしない

・市場価格以上に高く価格設定をつけすぎて、なかなか売れない

という状況を回避できるからです。

登録はすぐに終わりますので、ぜひ、チェックしてみてください。

 自宅の価格をチェックしてみよう

【年間利用者360万人】マンションの一括査定ならマンションnavi

  →複数の会社から査定をもらえるので便利です

【オーナー登録で価格がわかる】ノムコムマンションデータPlus

  →査定はちょっと・・という方はオーナー登録するだけで、いまの自宅の価格変動がチェックできるノムコムのサービスはおすすめです    

 

タイトルとURLをコピーしました