30代40代におすすめピンチをチャンスに変えるモチベーションアップ思考法

人生の悩み・メンタル
スポンサーリンク

30代40代におすすめピンチをチャンスに変えるモチベーションアップ思考法

ちょっとばかり感覚的な部分もありますが

30代、40代になると、仕事やプライベートでピンチな状況が連続すると感じませんか?

筆者は現在40代で会社経営をしていますが、30代後半から40代にかけて

仕事においてはピンチの連続でした。

 

・転職した会社の社風に慣れなかったり

・仕事が思った通りに行かなかったり

・同僚とのコミュニケーションがうまく行かなかったり

 

色々な原因でピンチに陥る場合がありました。

でも、ピンチに陥るたびに、それを楽しみながらモチベーションにしながら

ピンチをチャンスに変えてきた経験があります。

実はピンチこそ、新たなチャンスと自己成長につながる機会なのです。

 

よって40代で会社員をやっていた頃は、むしろピンチを待ち望んでいるような状況もあって、むしろ、全ての物事がうまく行く状態を嫌った結果、現在、起業しました。

起業したからといって、うまく行くわけではなく

会社員のように毎月決まった日に給料がもらえる保証もなく

常にピンチなのですが、むしろ現在はその状態を楽しんでいたりします。

とはいっても、ピンチに陥っている時って、チャンスに転換する事なんて、考える余裕もなくて常にピンチから抜け出せないんですよ

そんな声も聞こえてきそうですね。

しかし、目の前に見える世界って、ピンチであろうが、全ての物事がうまくいく理想的な状況であろうが、見えている世界は変わらず同じなのです。

つまり、あなた自身がどう考えるか、捉えるかで

ピンチの世界か、幸せな平穏な世界なのか、世界線が変わるのです。

ならばどうすれば、ピンチをチャンスに変えるのか?

今回は、「ピンチをチャンスに変えるモチベーションアップ思考法」についてお話をします。

ピンチをチャンスに変えるモチベーションアップ思考法5つ

実際にピンチだな!という状況になった場合、どうすればチャンスに変えて、モチベーションがアップできるのか、その思考法についてお話をしたいと思います。

実際に私もこの思考法で、ピンチをチャンスに変えてきましたので、結構、実用性が高いと思います。

①ピンチをとことん楽しむ

会社員でピンチな状況に追い詰められたとしても、会社を首になるわけではないし、最悪でも降格処分、減給くらいで済みます。実際にそこまで評価を落とされるのか?と言えば、そこまでない事がほとんどです。

つまり会社員におけるピンチは、その結果、うまく物事が進まなくて失敗してもリスクはそれほど大きくないのです。

そう考えれば、むしろこのピンチを楽しんで、うまく乗り越えた事によるメリットの方が大きいということがわかるはずです。

会社内の人間関係がさらに良好になったり、給料が上がったりするかもしれません。

「ピンチの状態とはむしろ評価を上げるチャンス」と考えてみるとモチベーションが上がります。

実際のところ、多くの人がピンチに遭遇すると逃げたり、諦めたりします。

だから、真正面から立ち向かうことができれば、その時点でほぼピンチは脱出できたようなものなのです。

天災とか避けられない宿命とか、そういったものとは違い、会社員におけるピンチのほとんどは、何かしら解決策が見つけられるピンチだったりします。

もし、自分ではどうしようにもないようなピンチなら、それを解決する仕事はあなたではなく、役員や社長になるからです。

②ピンチを乗り越えると圧倒的に成長できると考える

これは私の実体験の話なのですが、ピンチを乗り越えると自分のスキルや経験値が1ランクアップするような感覚になります。

そして、次回、同じようなピンチに陥っても、次は簡単に解決できてしまう特別な能力が身につくのです。

何度もピンチにぶち当たって、それを乗り越えてくると、

ピンチとは圧倒的に自分が成長できる機会だという「ピンチの正体」に気づくのです。

そうなると、むしろ自己成長したいために、ピンチを心の中で待ち望んでいる自分が現れてくるくらいにピンチが待ち遠しくなります。

③ピンチを乗り越えた直後の快感を思い浮かべる

何度もピンチを経験して乗り越えてくると、だんだんわかってくるのですが

ピンチを乗り越えた直後って、すごくメンタル的に脳内的に快感を感じるのです。

まるで

・フルマラソンを走り切った直後みたいで

・登山で山頂に到着した瞬間みたいで

・激しい筋トレをやり切って終わった直後みたいな感じなのです。

つまり、ピンチを乗り越えた先には、ピンチを乗り越えたという達成感と幸福感が待っていて、その感覚がものすごく、メンタル的に脳内的に快感というわけです。

 

フルマラソンとか激しい筋トレとか、とにかく辛いじゃないですか。

だから、当日とか、実際に走っていたり筋トレをしていたりする最中は本当に辛いし、いつでもリタイアしようと思うくらいなのですが、

それでも、何度もフルマラソンとか筋トレをするのは、その先にある快感を知っているからだと思うのです。

④人生で考えてみる

それでも、ピンチをチャンスに変えるモチベーションが上がらないなら、人生という大きな時間の枠で、今、目の前のピンチを直視してみてください。

例えば人生が80年なら、目の前のピンチなんて人生という時間軸では一瞬の出来事です。

10年前に実際に遭遇したピンチに対して

多くの人は現在はどうでもいいし、大したことがないと思っていますよね?

ということは、今、目の前に起こっているピンチも、これから10年後に振り返ってみれば大したことがない、どうでもいいことになります。

多くの人は、今、目の前に見えることが、この世界の全てだと考えてしまいがちで

そこから目を逸らす余裕すらありません。

でも、そんな時は人生という長い時間軸で冷静になって考えてみることをおすすめします。

そうしたら、目の前のピンチなんて、大したことがないように見えませんか?

そして実際のところ、大したことがないんですよ。

今、目の前に見えているピンチなんて。

人生という長い時間軸で見ると。

⑤ピンチを軽減するために他の誰かを巻き込んで中和する

ピンチになったら他の誰かをピンチに巻き込むのもおすすめの方法です。

とはいえ、同じ犠牲者にしようというわけではありません。ピンチが辛い場合の多くは一人で抱え込んでしまうからです。よって、例えば会社なら仲の良い同僚とか上司をピンチに巻き込んであげると、ピンチに対するメンタル的な抵抗感を緩和できます。

別に巻き込んだ同僚にピンチの後始末を代わりにやってもらう、というわけではありません。実際に自分で処理対応をするのですが、

ここでのポイントは

「一人ではなく、一緒にピンチを共有、共感できる仲間を見つけること」

なのです。

広い荒野に一人きりだと、誰でも心細くなって心も病んでしまいます。

でも話し相手が1人いるだけで状況って変わりますよね。

ピンチが全くない平穏な仕事や会社って人生の無駄使いである

「苦労は買ってでもしろ」

という言葉がありますが、これについては賛否両論があります。

・苦労なんてしないで生きれるならその方がいい

・苦労をすることで成長できるし、人に対して優しくなれる

そんな、さまざまな解釈があるわけですが、

 

私は

「苦労やピンチがない人生なんてつまらない」

と断言します。

 

みなさんゲームはやりますか?

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーといったRPG(ロールプレイングゲーム)がありますが、

ちょっとイメージしてみてください

ゲーム開始時からレベルMAX99で、どんなモンスターも一撃で倒せる状態だったら、それって楽しいのか?という話です。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどRPGの面白さの醍醐味は、モンスターを倒してレベルアップして成長していく自分と、

その中で、勝てるか負けるかギリギリの戦いで、ピンチを乗り越えて敵のボスキャラを倒した時の快感や楽しさにあるのです。

つまりピンチが存在しないゲームってつまらないし、そんなバランスが壊れているゲームはクソゲーなんですよね。

現実世界も同じで

居心地が良くて、なんでも分かり合える仲間に囲まれた理想的な職場って、一見、楽しそうで幸せそうに見えるかもしれないけど、人生という大きな枠組みで考えるとつまらないし、

きっと、あなたの人生が終わる瞬間に、あなたは後悔するかもしれません。

 

ならば、どうすればいいのか?

現実世界で積極的に「ピンチ」との遭遇を求めるなら、私は転職がおすすめです。

なぜなら転職することで、それまでの人間関係や信頼関係がリセットされるので、まるでドラゴンクエストでレベル50まで進んでいたのに、いきなりレベル1にリセットされるような感覚を体験できるからです。

でも、レベル50からレベル1に戻っても

ドラゴンクエストでレベル50までプレイしたことによって身についたスキルや経験はそのままレベル1の自分にも残っているわけです。

それらスキルや経験をもとに、再びレベル50を目指すのですが、次回は簡単にレベル50を達成できるし、以前は停滞していたレベル50からレベル60までの道筋も、今回はあっさりレベルアップできたりします。

なのて、年齢をとっても一つの会社にとどまることなく、定期的に転職を考えてみることをおすすめします。

 

実際に私もこれまで5回の転職経験があります。

転職するたびに、それまでの人間関係とか信頼関係はリセットされレベル1からやり直しになるわけですが、しかし、転職することで、レベル1からのレベル上げは簡単になり、

以前の自分ではいけなかったような高いレベルに到達できるようになりました。

その結果、ピンチを楽しみ、モチベーションをあげ

現在、会社経営をしていますが、この経験は人生において本当に価値があったと思っています。

 

ピンチをチャンスに変えたいなら

ぜひ、自らピンチを作り出す転職にチャレンジしてください。

もちろん転職によってピンチな状態に陥るかもしれませんが、その先には圧倒的な自己成長ができる世界が待っています。

 

最後に私がこれまで5回の転職に役立った転職サービスについてまとめましたので、参考にしてみてください。

転職サービスは無料ですし、登録は数分で終わります。

JAC Recruitment

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など

大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

 

一方で年齢はあまり関係ないのですが

スキルや経験がなく、現職の給料が低い人は使いこなせないサービスかもしれません。

実際に使ってみてわかったことは

スキルや経験がある人にとっては、年齢に関係なく引く手あまたの求人提案を続々としてくれるため、どの企業にエントリーするべきか悩んでしまう転職サービスだと思います。

JAC Recruitmentn無料登録する

 

マイナビエージェント

マイナビAGENT×IT人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェント公式サイト

大手の転職エージェントであり、抜群の知名度を誇るのがマイナビエージェントです。

めちゃくちゃTVCMとか広告出ていますよね。

宣伝をしている=宣伝費をかけている=宣伝をかけれるくらいに多くの人が利用している

ということでもあります。

多くの企業採用実績があるということは、それだけの企業とのパイプや、転職に対するノウハウや、膨大なスタッフがいるということです。

実際にマイナビは転職支援サービスも充実しています。次の3つがマイナビの強みになります。

・求職者と企業の強いマッチング力

・徹底したサポート体制

・未経験者にも丁寧にアドバイス

出典:マイナビ

そして全ての業種を網羅しつつ、8割が非公開求人ということもあり、外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

転機

【公式サイト】https://ten-ki.jp

「転機」というサービスは転職支援サービスです。

「転職エージェントのひとつ」という見方もできますが、他の転職サービスとは異なり

「登録したからすぐに求人案件がもらえるわけではない」

ということから、

「とりあえず登録して放置しておく」

ような使い方を私はしていました。

転職サービス「転機」とは?

転機

・エグゼクティブ向けのサービス

・企業の経営層に直接売り込んでもらえて、経営層と直接面談ができる

・膨大な求人票から紹介されるというよりは、皆さんの能力に合致した案件をとってくるイメージなので案件紹介まで時間がかかる

「転職活動をしようとおもったら、すぐに転職先を決めたい!」

と思っている人には「転機」はおすすめできません。

一方で

「転職を急いではいない。十分時間がある。いい案件があったら転職を検討したい」

と思っている人には「転機」はおすすめです。

ハイクラス転職サイト「転機」に無料登録する

 

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでもおなじみパーソルキャリアが運営する「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず登録しておくべきサービスになります。

実際に使って見ると担当の方がかなり若い印象です。

20代、30代ならかなり相談しやすいけど

40代以上だとキャリアの相談においてはギャップを感じるかもしれません。

ただし、若いゆえにフットワークと熱量がハンパない印象です。

任せっきりではなく、希望条件を適切に伝えてあげることで、うまく使いこなせるエージェントでした。

dodaに無料登録する

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

公式サイト

CAREER CARVERはリクルートが運営するハイクラス向けの登録型の転職サイトです。

年収のレンジは800万円から2000万円まで多数

通常の転職エージェントに比べると、ハイクラスの転職案件が多いのがCAREER CARVERの特徴です。

あなたはただ登録するだけです。

CAREER CARVERには様々な転職エージェント(というよりはヘッドハンターに近い人)が登録しており、あなたが登録すると各エージェントからスカウトが来ます。

メールアドレスでアカウント作成してもいいのですが、facebookのアカウントでも登録できます。もちろん登録、転職サポートは無料です。

CAREER CARVERに無料登録する

 

レバテックエキスパート

【公式サイト】https://career.levtech.jp/expert/

エンジニアの方で転職を考えている人なら、まず登録しておくべき転職サービスが「レバテックエキスパート」です。

5年以上の経験を持つベテランのキャリアアドバイザーや、キャリアカウンセラーの資格を保有するエージェントが皆さんに最適な企業を紹介してくれます。

よって他の転職サービスと比べると「ややハイクラス向け」という印象です。

エンジニアとして経験を積んで

さらに高みを目指したいという人にはおすすめの転職サービスとなります。

レバテックエキスパートに無料登録する

横浜の転職におすすめ転職サービス

横浜求人ナビ公式サイト

このサイトはyokohamazineなので、横浜に特化した転職サービスもご紹介しましょう。

横浜求人ナビは横浜エリアで転職したい、就職したい人にとっておすすめです。

横浜、みなとみらいエリアで働きたい人の多くが登録しているサービスです。

 

もちろん大手の転職サービスでも横浜エリアの仕事を見つけることはできますが、「横浜転職ナビ」は横浜エリアに特化したサービスですので、求人情報の質が断然違います。

横浜求人ナビに登録する

5回の転職で情報収集に役立った転職サイトと転職サービス

転職会議

【公式サイト】https://jobtalk.jp

転職活動において「使えるリアルな情報」こそがもっとも重要です。

転職エージェントと話をすることで、皆さんが興味ある業界の情報を入手することもできますが、どうしても転職エージェントが持っている情報量に限られます。

転職エージェントが転職のプロだとしても

「実際に働いている人、転職活動をしている人のリアルな情報に勝るものはありません」

そこで私は転職活動にあたって転職エージェントの情報に加えて「転職会議」を利用しています。

転職サービス「転職会議」とは?

・100万件以上のの転職口コミ情報を掲載(国内最大級)

・会員は500万人以上

・求人情報の検索もできる

まだ、本格的に転職活動をしないという人でも、まずは情報収集として活用しています。実際のところクチコミを見るだけでも各企業の傾向を見ることもできますし、「新しい気づき」があるからです。

なお、会員登録から48時間限定で「転職会議」の企業クチコミが見放題になります。それ以降も見たい場合は、在籍した企業のクチコミを投稿すると、最大90日間企業のクチコミが見放題となる仕組みです。

登録しておいて損はありません。

企業に対するネガティブな意見も結構書いてありますが、ネガティブな意見、ひとつひとつをチェックしていくというよりも

「その企業に対してどのようなクチコミの傾向が多いのか」

転職を考えている会社の外からは見えない内情を推察する参考として私は使っています。

転職会議に無料会員登録する

ミイダス

【公式サイト】https://miidas.jp

転職活動をする際に必ず聞かれるのが「現在の年収」と「希望年収」です。

採用後に現在の年収の確認のため「前年度の源泉徴収票」の提示を求められることもあるので絶対に嘘をついてはいけません。

しかし、転職活動で重要なのは

「現在の年収があなたのスキルに対して適正なのか?」

「あなたのスキルに対して適切な希望年収はいくらなのか?」

という点です。

いま働いている会社の年収が異常に低い(もしくは異常に高い)ということもありえるからです。

そんな時、あなたのスキルや経験から参考年収を算出してくれるサービスが「ミイダス」です。

 

年収の算出は蓄積された7万人の転職データを基にしており、同じようなスキルを持った人がどんな会社に転職したのかもわかります。

基本年収を知る上でミイダスはかなり使えます。必ず押さえておくべき基本情報として把握しておきましょう。

5分で登録完了できますので、転職活動をするなら最初に登録しておきましょう。

ミイダスに無料会員登録する

なお、ミイダスの場合は一般的な適正値を把握する上ではかなり使えますが、シニア、エグゼクティブ層の方や、一般的な適正値を超えた給与条件を出してくる企業とは大きなギャップがあります。

(7万人の転職データの範囲から算出しているので、そこから外れた例外ケースは算出しにくいという点があるからです)

わかりやすい例をあげると社長をやっていた方がミイダスを使っても、社長の給料は企業ごとに振れ幅が大きいので算出が難しいという意味です。

また最近は中国企業の日本市場進出が活発です。

例えば同一スキルでも日本市場では800万円の人材が、中国企業なら1,200万円と1.5倍程度、高くなる場合もあります。この異常なギャップはミイダスでは出しにくい領域となります。

(そもそも同一スキル1.5倍の中国案件は市場にあまり出てこないので統計データ上、算出しにくいのです)

【参考記事】給料200%アップが目指せる!日本市場進出の中国企業への転職方法(おすすめ転職サービスと転職エージェント)

転職しない人生もあり!でもリスクと不安との戦いに勝利する必要あり

転職しないという判断もあります。

もし、今の仕事に不満はなく、会社もこれから残っていけるだけの体力があるなら、何もせずその場に居続けるという判断をする人も多いからです。

実際に私の知り合いにも、どんなに会社がリストラを行い、会社の未来に希望が持てず、仕事が楽しくなくても転職しない人もいます。

多くの人は「転職するだけの力が自分にはない」と考えているようですが、本当に転職するだけの力がないのか?勝手に自己評価して自分を過小評価しているだけではないのか?

そして、ただ、怖いだけでないのか?

彼らも自己認識していますが、というような状況だったりするわけです。

 

このまま人生、逃げ切れるならそれもいいのですが

コロナとか、不景気とか、色々な状況を踏まえると、逃げ切れるのはごく限られた人だけかもしれません。

今の会社に居続けることは

個人的なリスクを増大させ、不安と戦い続けなければなりません。

 

なぜなら我々は確実に歳をとっていくわけで、何もせず年齢を重ねることは、ただリスクと不安を増大させるだけの未来に向かっているに過ぎないからです。

 

そんなリスクと不安に気づいているなら、転職活動という形で行動を起こすべきです。結果的に転職しなくてもいいのですが、行動を起こすことで人生は変わります。

 

最後に:転職が目的になると、その転職は失敗します

何のために転職するのか?

お金か?やりがいか?チャレンジか?

いずれにしても転職することが目的になってしまうと、その転職はうまくいきません。

 

転職の結果、さまざまな経験を積んで筆者は会社設立という

ずっとやりたかった場所に到達することができました。

 

転職の結果、会社設立に向けて十分な経験と知識を手に入れることができたからです。

 

すべての人に会社設立、起業をおすすめするつもりはありません。

でも、転職の本当の目的を明確にしておくことで

失敗しない転職ができると思います。

 

最後に今回ご紹介した、実際に私が5回の転職で役立った転職サイト、転職エージェントについて改めて書いておきます。

まずは一歩を踏み出しましょう。

一歩が踏みさせないなら、きっと1年後も

同じような悩みを抱えながら、時間を無駄に浪費しているだけでしょう。

人生は一度切りです。

後悔をしない人生にしましょう。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。