【特集】マンションを早く高く売るために売買内覧会おすすめチェックポイント

【特集】マンションを早く高く売るために売買内覧会おすすめチェックポイント

スポンサーリンク

【特集】マンションを早く高く売るために売買内覧会おすすめチェックポイント

マリノスタウン跡地

「買い替えのために自宅を高く、早く売りたい」という方は必見!実際に自宅マンションを売りに出して何回か内覧会を経験した筆者が体験談を通じて感じた、内覧会の際に押さえておきたいポイントをまとめてみました。

部屋のドアはすべて閉めた状態で内覧者を迎える

マンション内覧会

内覧会にひとりで来る場合もありますが、本気で購入しようと思っている方ほど夫婦や親など購入の決裁権を持っている人が2、3人で来る事の方が多いです。

最初は内覧しやすいように全部の部屋のドアを開けておきがちですが、実体験を通じて開けっ放しにするよりも各部屋のドアは閉じた状態で迎えるのが良いと思います。

理由はシンプル。

・各部屋のドアをあけっぱなしにしておくと内覧者が分断してそれぞれの部屋を見てまわりはじめるので、説明した情報が統一して伝わらない。ドアを閉めておく事で、ひとつひとつの部屋から順を追って説明する方がイメージが伝わりやすい

・マンションの場合は玄関から入った後の廊下から各部屋までの動線が伝わりやすいけど、開けた状態では廊下の存在がほぼ伝わらない

玄関を入った瞬間で印象は決まるもの。結構重要なポイントだったりします。

部屋の電気はすべてつけておく

ライトスタンド間接照明

ライティングだけで印象は大きく変わるもの。

入った瞬間に暗い部屋だと築浅のマンションでも古臭く見えてしまいます。全部のありとあらゆる電気をつけておくのは鉄則です。

部屋の照明だけでなく、間接照明やライトスタンドなど、あらゆる照明をつけておきましょう。短い内覧会ではファーストインプレッションが重要です。部屋が明るく見えるだけで印象は大きく変わってきます。

部屋は掃除しておく

普段から掃除はしておくべきですが、内覧会が当日に掃除は髪の毛ひとつまで気を使って掃除をしましょう。購入する側としては、どのように部屋が使われてきたのか、現在住居している人の「ひとなり」も気になるものです。

内覧会は時間も限られていますしチェックできる箇所にも限界があります。明らかに汚く使われている部屋なら、実際になんら問題がなくても、問題が隠れていないか疑心暗鬼になってしまい、購入判断ができない場合もあります。

よって、例えば内覧会時にスリッパが用意されているか、だけでも現在の住人がどんな人か内覧会に来た人には伝わるもの。

数千万円の大きな買い物を決断するわけですから結構重要だったりします。

アイリスオーヤマ 簡単抜け毛取りクリーナー イエロー KNC-N77A [amazon]

購入検討する側の立場になって考えてみてください。髪の毛が散乱している部屋は、どんな使い方をされてきたのか不安になってしまいますし、髪の毛一本落ちていつだけでも、身震いしてしまう人もいるかもしれませんので、内覧会時には徹底的にお掃除するべきだと思います。

生活感が伝わり過ぎるものはしまっておく

購入後の生活がイメージできるように、生活感あるものが部屋にあった方が好ましい、という意見もありますが、内覧会希望者に対してネガティブな印象を与える可能性があるものはできるだけ片付けておきましょう。

ネガティブな印象を与えるものは人によってバラバラですから、できるだけ不要なものは片付けておいた方が良いと思います。

家庭臭に注意

実際に住んでいると、その家についている臭いには鈍感になるもの。しかし、来客者にとっては気になる臭いである場合もあります。

かといって芳香剤でごまかすのも要注意。人によってあわない臭いというものもありますから。

バイオ お部屋の空間きれい 消臭剤 無香タイプ 6~8畳用 (交換目安:約2~3カ月) [amazon]

例えばこちらの消臭剤は無香タイプで、バイオの力で臭いの原因を化学分解してくれるという事で人気の商品となっています。

眺望がわかる写真などを用意しておく

内覧会の日が必ずしも天気が良いという事はなく、天気の良い時には富士山が見える!といった眺望のおすすめポイントがある部屋の場合は、デジカメの写真でも良いのですぐに見せられる状態にしておくと良いと思います。

【窓掃除におすすめ】

テラモト プロワイパー R30 [amazon]

【網戸掃除におすすめ】

網戸外さず洗える!お掃除ローラー 1691140150 [amazon]

また天気が良い場合も、窓や網戸が汚れていたりするのもマイナスポイントです。ピカピカにする必要はありませんが、定期的に手入れがされており、適切な形で使用されてきた、という事が伝わる程度に掃除はしておきたいものです。

まとめ

中古販売サイトや専売媒介契約による広告出稿の効果もあり、内覧希望者は結構くるのに、販売になかなか至らないという方は、今回ご紹介したポイントを改めて見直してみてはいかがでしょうか?

内覧会希望者が多いという事は購入希望者にとって「気になる物件」である可能性は高いと思います。しかし、内覧会の結果、購入意欲が削がれていると考えるならば、今回ご紹介したポイントを実行するだけで、状況を改善する事ができるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加