転職したら捨てるべき3つのこと

転職したら捨てるべき3つのこと

スポンサーリンク

転職したら捨てるべき3つのこと

転職したらからには「すぐに結果を残したい」「認められたい」と思うのは人間として、ごく自然の願望なのかもしれません。実は私もそうでしたから、この心理状況は理解できます。

しかし、こういう想いが強すぎると新しい職場で空回りしがちですし、結果、何も成すことができず辞めてしまう人を何人も見てきました。

たった3つのことを捨てるだけで、このような状況に陥ることなく転職先で新たなスタートを切ることができます。

①プライドを捨てよう

「知り合いの社長に誘われて転職する」「元同僚が在籍している会社に転職する」といったケースは稀であり、ほとんどの方は知り合いもいない会社に転職すると思います。

そのような中でゼロから人間関係を作り、彼らを巻き込み、仕事を成功に導くのは簡単な話はでありません。

転職したいけど、この歳になってゼロから人間関係を作るのは面倒という事を理由に、転職に踏み出せない人をたくさん知っています。

ゼロから人間関係を構築するにあたって、あらゆるプライドを捨てて、素直になって職場に入り込む努力が必要です。つまらないプライドを捨てられないならば、転職なんてするべきではありません。

気の知れた仲間と馴れ合いで生きていける、いまの会社に定年までいるべきなのです。

②前職の実績は捨てよう

つい最近も中途入社された方がいたのですが、まずは挨拶代わりに前職の実績を紹介し、自分は何をやってきた、何ができると一方的にアピールしてくる、とある元有名企業の方がいました。

転職において過去の実績などまったくをもってどうでもいいのす。

いま、あなたは何ができるのか?がすべてです。

聞かされている側としても、あなたの実績などまったく興味ありませんし、むしろ、その程度の実績を誇りと思っている事に対して哀れみすら感じます。

特に長年、大手企業に勤めていながら転職されてきた方に、この傾向は多く見られます。その会社にいたからこそ成し遂げられただけで、その多くがその人の能力に依存するものではありません。

本当にその人の能力に依存するならば、転職をしなくても元の会社で活躍する場所はあったでしょうし、または自ら起業して会社を立ち上げている事でしょう。

「前の会社では」というフレーズは、この際、禁句にしましょう。

③固定概念を捨てよう

過去の成功事例に囚われてそこから抜け出せない人もよくみかけます。「こう思う」「これは正しい」という自信の殻に閉じこもってしまい、その中だけで物事を進めようとします。

さらに固定概念の押し付けのために、少々荒っぽいやり方で周辺に乗り込んできては、一方的な押し付けで場所を荒らしていくような方も転職者の中にはいらっしゃいます。

これも「すぐに結果を残したい」「認められたい」という想いの表れなのですが、これをやってしまうと皆、あなたを警戒するようになってしまいます。

固定概念を捨てて、乾いたスポンジのようにあらゆる情報を吸収するような姿勢で臨むべきなのです。

まとめ:転職したら、まず何をするべきか?

  1. まずは与えられた仕事の中でベストを尽くす
  2. そして6ヶ月間で新しい職場の仲間との間に信頼関係を築く

これの2つに尽きると思います。

何か大きな目標があっての転職かもしれませんが、それにとりかかるには、これら前準備は飛び越える事はできないのです。

というわけで、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加