【悲惨】転職を繰り返す人の末路は転職回数ではなく、転職理由によって大きく変わる

転職ノウハウ
スポンサーリンク

【悲惨】転職を繰り返す人の末路は転職回数ではなく、転職理由によって大きく変わる

転職回数が多い人は転職できない、とか

転職活動をするときに不利に働く、とか

一般的に言われていますが、

これは必ずしも正しくありません。

 

一概に転職回数が多いからといって不利にならないのです。

そんなの嘘だ!転職回数が多いから転職できず悩んでいる俺がいるから

という意見もありますが、それは転職希望先を間違っているだけに過ぎません。

 

 

転職回数が多くても転職できます。ただし方法があるので、それについてお話ます。

転職回数が多いと不利になるケース

実際のところ転職回数が多くて転職活動がうまく進まない人は世の中に存在します。

まずは、その理由を知ることで、実は「転職回数が多くてもあまり問題にならない」という事実を知ることができます。

老舗企業への転職は転職回数が多いと不利

ズバリ、老舗の企業への転職は転職回数の多さは不利になります。

日本を代表するような大手企業で、しかも歴史があるような企業です。

そういう会社の採用担当者や、あなたを採用する最終ジャッジをする人は大抵の場合、50歳オーバーの年配者です。

40代ならまだしも、50代を超えてくると

転職回数が多い人は使えない人だ。

転職回数が多い人は何かしら問題がある人だ

と考えがちです。

 

「転職回数が多いことは悪である」

これは単なる固定概念に過ぎません。過去を生きてきた人の思い込みに過ぎないのです。

むしろ、「転職回数が多いことは悪である」としか考えられない人は無知な人です。

なぜなら、世界規模で見ると、転職回数が多いことがデメリットになるのは日本くらいであり、しかも最近の若い、勢いのある会社では

必ずしも転職回数が多いことはデメリットにならないどころか

むしろ、同じ会社に長く勤めている人よりも価値があると見られることも多いからです。

 

もし、みなさんが転職回数が多くて、老舗の日本企業に転職を考えているなら、それは不利になります。なぜならあなたの採用をジャッジする人の価値観に影響されるからです。

でも、そういう会社って本当に転職した会社なのでしょうか?

ただ名前が世の中に知られているだけで

実際に入社したら、閉鎖的な環境で苦労するかもしれません。

少なくても私はそんな会社、こちらからお断りしたいものです。

 

転職回数の多さが不利になるような会社の採用決裁者は、そもそも転職回数が多いことが悪と考えており、本人も転職回数がそこまで多くありません。むしろ、その会社の生え抜きだったりするかもしれません。

つまり、そういう会社だからこそ転職経験がない人だっているわけです。

転職経験がない、転職経験が浅い人に、

ただの固定概念で転職回数が多いことを悪と判断すること自体が、本来無理な話です。

 

転職回数を重ねた理由が説明できないと不利

転職回数が多いにはさまざまな理由があります。

それは個人によっていろいろありますよね。

 

新卒で入った会社が完全ブラックだった・・・

2社目もブラックだった・・・

3社目もブラックだった・・・

 

だから転職回数が多くなってしまったようなケースは実際にあります。入った会社がブラックだったのはあなたの目利力の無さもありますが、ブラックな会社の問題でもあります。

 

一方で入社した会社で成績を収め、ヘッドハンティングをされて転職を繰り返す人もいます。ヘッドハンティングとまで行かなくても、引く手あまたで、転職することで給料もどんどんアップしてきた・・・

つまり転職回数が多いことは、必ずしも悪いことではなく

むしろあなた自身が優秀だからということもあるのです。

海外ではむしろ転職を繰り返すことでキャリアアップにつながっている人も多いのです。

 

ここは日本だ。

海外の話をされても参考にならないよ

という意見もあるかもしれません。

 

でも、もはや日本とか海外とか、言っている場合ではなく、世の中は完全グローバル社会に突入しているわけです。

転職回数が多くても、そこに明確な理由があるならそれほど問題になりませんし

明確な理由があっても、転職回数が多いことを悪と考える企業に未来なんてないんですよ

 

だから転職活動の中で、ちゃんと転職回数が多い理由を説明してみましょう。

その上で、転職回数が多いことだけを理由に採用を渋るような企業があるなら、そういった企業には行くべきではありません。

転職回数を重ねた企業に一貫性がないと不利

転職回数を重ねる上で、一貫性のない企業に転職しているならば、そこについては不利になるかもしれません。

つまり、転職できればどこでもいい

雇ってもらえればどこでもいい会社に

ただ転職を繰り返しているだけの一貫性のなさ

を嫌われる可能性はあるからです。

何か大きなポリシーのもとで、いろいろ経験をしたいので、色々な企業に転職した

一見、一貫性が内容に見えるかもしれないけど、実はポリシーがあるならそれを説明すれば問題ないと思います。

転職回数が多い人が取るべき転職を成功させる方法

ここからは転職回数が多い人が取るべき、転職を成功させる方法についてお話ます。結構深い話をしますので、お役に立てると幸いです。

20代だと3社、40代なら4社転職していると不利と考えている企業はヤバい

基本的に企業の採用担当者は雇われの身です。

「会社のことをどんなに考えている」

という姿勢を見せて仕事をしていても、所詮、ただの雇われの身に過ぎません。

だから、短期で離職したり、入社後に能力的に問題があるような人を採用するようなリスクは犯したくないわけです。

採用した人が活躍するかどうかよりも

採用した人の不祥事で人事採用者である本人の評価が下がるようなことをしたくない

もしリスクがあるなら排除したい

ただそれだけです。

だから彼らは

「20代だと3社、40代なら4社転職していると採用すべきではない」

という固定概念を持っています。

もう、この時点でこの企業はヤバいんですよ。

 

なぜなら、

「20代だと3社、40代なら4社転職していると採用すべきではない」

というのはあくまでも明確なデータに基づいた根拠がない固定概念であって

一方で、会社経営者からすると

転職回数が多いとか、そういうのはどうでもいい話だったりします。

経営者によって重要なのは

「使えるのか」「利益貢献できるのか」

それだけです。

 

だって会社の顧問とか、外部取締役とか、フェローとか、色々な人を会社に迎え入れたりするじゃないですか。

でも、そういう人ってさまざまな経験を持っていて、転職回数も豊富な人が多いのです。

採用現場が必要な人材と、経営層が必要な人材で矛盾があるわけです。

現場の平社員と経営層では採用基準が違うんだよ

という意見もあるかもしれませんが

 

この考えの時点で、この会社はヤバイと思います。

実際のところ大手企業でも、コロナの影響もあり経営状況やヤバい中で、なんとかしなければならないという意識が高まっていますので、従来の固定概念にハマらない人材採用が求められています。

しかし、上層部はそう思っていても、現場がその意図を汲んで動けない会社が多いわけです。

現場採用者の不安を解決する自己アピールをしよう

繰り返しますが現場の採用担当者は

「20代だと3社、40代なら4社転職していると採用すべきではない」

という固定概念を持っていたりします。

 

ということは、この固定概念、いわゆる不安を解消すれば、転職活動はうまくいきます。

 

例えばこんな感じです

「今回は長期的に働いて、ここでこれまでの経験の成果を出すつもりである」

これまでの集大成として働くと宣言しましょう。それだけで、現場の採用担当者の不安は和らぎます。

「いつまで働くかわからないけど、御社の売り上げ、利益に確実に貢献する」

といった伝え方でもいいでしょう。

短期離職するかもしれないけど、この人を採用すると確実に自社の利益になることを伝えるわけです。もし、ここで採用しないなら競合他社に持っていかれるという懸念も匂わせるのも良いかもしれません。

「転職回数が多いゆえに、御社に不足している経験や、御社で働いている人の不安に対するサポートができる」

という伝え方も有効です。なぜなら採用担当者も転職回数が少ないならば、転職回数が多いあなたは、彼らが持っていない豊富な人生経験があり、それは圧倒的なアドバンテージになるからです。

 

もし、それでも、転職回数の多さ(転職回数に限らず年齢の高さ)を理由に採用を渋るなら、そういう企業はむしろお勧めはしません。

まとめ

転職回数が多いことが、どうしても不安になるなら

本音ベースで転職回数の多さについて転職エージェントと相談しましょう。実際のところ私も転職回数の多さについて、転職エージェントと話をしたことがありますが、あまりネガティブな意見をもらうことはありませんでした。

なぜなら、世の中的に

転職回数の多さはあまり不利にならない世界になりつつあって

転職回数とかよりも、実際にあなた自身が何ができるのか?そっちの方が重要だからです。

 

転職回数が多くて悩んでいるんだよね

だって転職に不利だからね

というのは、もはや日本だけの話です。

海外の人に話をしたら笑われるほど時代錯誤の話なのです。

 

私もこれまで5回の転職経験がありますが、その中でもおすすめの転職サービスを下記にピックアップしておきましたので、ぜひ、どれかひとつ登録するところから始めてみましょう。

JAC Recruitment】 ★おすすめ

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

マイナビエージェント

転職といえば「マイナビ」と言われるくらいに大手の転職エージェントです。ここに登録しておけば、大体の転職情報は入手できますので必須登録サイトになります。

気になる案件が見つかったら、それについて他社のエージェントに相談してみるといった使い方もできます。