スポンサーリンク

年収1000万円でも豊かな暮らしは送れない【お金と比例しない本当の幸せとは?】

人生の悩み・メンタル

・会社員になったらには年収1000万円を目指したい

・1000万円を越えればバラ色の生活が待っているはず

・年収1000万円を超える最短ルートが知りたい

こんな疑問に答えます。

私も社会人になったばかりの頃は、

いつか年収1000万円を超えたいと思っていましたし、1000万円を超えたら豪華な暮らしができると思っていました。

しかし、冷静に考えてみると

日本人口のうち年収1000万円を超えている人は僅か4%

100人中、4人しか超えられない計算になります。

そして、実際に超えてみても、全く楽な生活はできないという声しか聞こえてきません。

たぶん、1000万円以上の先、数千万円の世界に楽な生活ができる世界が広がっているのかもしれませんが、サラリーマンという職業を選択した以上、ここから大きく踏み出すことは困難なのです。

いきなり悲しい話になってしまいましたね・・・・

でもガッカリしないでください!

今回は年収1000万円だからといって幸せではない

お金と比例しない本当の幸せについてお話ししたいと思います。

 

目次はこちら

・結婚したい年収1000万円では贅沢な暮らしではない理由

・年収いくらなら贅沢な暮らしができるのか?

・幸せになれる年収、生き方とは?

結婚したい年収1000万円では贅沢な暮らしではない理由

結婚したい相手の年収として1000万円をあげる人を見かけますが

実際のところ1000万円といっても、自由に使える手取り金額は700万円程度になります。

子供あり、なし、扶養家族あり、などによって多少は前後しますが、ざっくり300万円が控除される計算になります。内訳もざっくりですがこんな感じです(金額は目安です)

所得税:90万

住民税:60万

社会保険料

  健康保険+介護保険:55万

  厚生年金:90万

      雇用保険:5万

税金(所得税+住民税)が150万なのは、そんなものかと思うかもしれませんが、厚生年金が90万円と異常に高いですね。そして健康保険も高い!

健康保険は会社が半分負担してこの金額ですから、個人事業主になると2倍支払わなければならないことになります。

年収1000万円(手取り700万円)世帯の収支イメージ

全人口の4%に選ばれた年収1000万円あったとしても手取りは700万円!

例えば夫婦2人の世帯をイメージしてみましょう

 

【賃貸+国産車:かなり節約した生活パターン】

賃貸住宅(管理費込み):10万円/月×12ヶ月=120万円

車代:5万円/月×12ヶ月=70万円 

  ※トヨタのkinto最低価格4万+駐車場1万円

食費(外食含む)日用品:10万/月×12ヶ月=120万円

小遣い(通信費含む):10万円/月×12ヶ月=120万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               合計430万円

               収入700万円

               残り260万円

  1000万円の年収があって、切り詰めた生活をしても260万円しか残りません。

 

【マンション購入+外車:少し贅沢したパターン】

分譲住宅(管理費込み):15万円/月×12ヶ月=180万円

車代:10万円/月×12ヶ月=120万円 

  ※NorelでBMW最低価格8万+駐車場2万円

食費(外食含む)日用品:15万/月×12ヶ月=180万円

小遣い(通信費含む):10万円/月×12ヶ月=120万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               合計600万円

               収入700万円

               残り100万円

  1000万円の年収があって、マンション購入して、BMWに乗ると100万円しか残りません。

あくまでもざっくりした計算なので、この通りになると言うわけではないですが、あくまでも子供なし、夫婦のみの試算ですから、子供ができると生活には余裕がなくなる事は容易にイメージできると思います。

年収1000万円では子供ができたら生活は厳しい

日本で4%に入る1000万円という高所得層でありながら、子供ができたら、共働きをしなければなりませんし、今話題の副業を考える必要がありそうです。

もちろん極限まで節約をすることで共働き、副業を回避することも物理的に不可能ではありませんが

年収1000万円でありながら、そんな生活をするなんて、なんのために仕事を頑張っているかわからなくなります。

豊かな生活をするために、いい大学に入り、いい企業に入って、上位4%に入る1000万円という高年収を得ても豊かな生活とはいえないのです。

これを知ってしまうと、サラリーマンとしての夢もなくなってしまいそうです・・。

年収いくらなら贅沢な暮らしができるのか?

年収1000万円でこの暮らしですから、いくらなら贅沢な暮らしができるのでしょうか?

この点については、「贅沢な暮らし」の定義を決める必要がありますが、分かりやすい例をあげると、街では超高級車やスーパーカーを見かけますし、高級なタワーマンションに住んでいる人もいますので、そこで

・スーパーカーの代名詞である中古のフェラーリに乗り

・タワーマンションに住む

と言う事を贅沢な暮らしの定義にしてみましょう。

いや、ちょっと極端すぎると思うかもしれませんが、分かりやすい例としてあげてみます。

例えばカーセンサーを検索すると2010年以降の良質な中古フェラーリ「カリフォルニア」なら1500万円あれば乗れそうです。

SUMOを検索すると横浜みなとみらいエリアのタワーマンションなら少なくても賃貸で月40万円は必要となりそうです。

 

【タワーマンション賃貸+フェラーリ:贅沢パターン】

賃貸住宅(管理費込み):40万円/月×12ヶ月=480万円

車代:40万円/月×12ヶ月=480万円

 ※3年で1500万円のローンを返した場合、車検、維持費含まず

食費(外食含む)日用品:15万/月×12ヶ月=180万円 ※変更なし

小遣い(通信費含む):10万円/月×12ヶ月=120万円 ※変更なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               合計1260万円

手取りで1260万円必要となり、額面年収ではざっくり2000万円程度は必要な計算になります。実際にあフェラーリの維持費や車庫代、フェラーリを買ったゆえにレジャーにも行くでしょうから、もっとお金は必要です。

年収2000万円がサラリーマンに無理な理由

年収1000万円でも上位4%に入る高所得者なのに、2000万円となると一部上場企業の役員クラスになりますから、まず一般の会社員では達成困難な年収になります。

つまり、一般的な会社員をしている限り、タワーマンション+フェラーリといった、まさに絵に描いたような贅沢な生活は難しいというわけです。

でも、タワーマンション+フェラーリに乗ってひとはたくさんいます。なぜなのでしょうか?

それは彼らが会社員ではなく、経営者であったり、投資家であったり、会社員の給与レンジを大きく超えた仕事をしているからです。

つまり、会社員であり続ける限り、会社員の給料レンジを超えられないということです。

会社員の給与レンジを超えるには

・一念発起して安定した会社員を捨てて起業するか

・または会社員でありながら副業で稼ぐか

といった領域に踏み出す必要がありそうです。

幸せになれる年収、生き方とは?

とはいえ、ここまでお金の話をしてきましたが、ちょっと冷静になって考えてみましょう。ズバリのところ

「お金と幸せは比例するのでしょうか?」

比例すると幸せなのですが、現実にはそう行かないケースが多いと思っています。

例えば

・年収1000万円の人は会社でも多忙を極めており、家庭に割ける時間は限られていると推測されます。

・2000万円の人はさらに仕事に時間を割く必要があります。

 

幸せになるために、お金が必要

あくまでもお金は幸せになるための手段に過ぎません。

そのために仕事をしているのに

お金を稼いでも家族や自分自身を幸せにするための時間にお金がかけられない事に気づきます。

分かりやすい例として

プラチナのクレジットカードのTVCMで

家族いっしょに海外旅行に行ってカードを使うシーンを目にするたびに、1000万円では絶対そんなシーンの再現は不可能だと思ってしまいますし、たぶん2000万円でも難しいかもしれません。

なぜならお金だけでなく、時間にも余裕がないとそのような海外旅行でプラチナカードを使って楽しむことは結構ハードルが高い話だからです。でもプラチナカードは年収1000万円あれば充分に作れてしまいますがら、現実とのギャップがあるわけです。

そこで、時間もお金も余裕がある状態になるには、いったい幾らのお金が必要なのでしょうか。

でも、これを考えつめていくと

本当に幸せを感じるためには

お金も必要ですが、それを使う時間も必要だという結論に至ります

そう考えると、時間を確保するために、無理してお金を稼がなくてもいいんじゃないか?そっちの方が幸せなのではないか?という疑問が湧いてくるのです。

まとめ

このように考えていくと、幸せになるためには2つの考え方がありそうです。

・働く時間を最小にして必要最低限のお金で生きていくための転職をする

 →自分の時間を作る事で幸せになる

・将来の起業に向けた転職をして時間に縛られないくらいに稼ぐ

 →時間を無視できるほどお金を稼ぐ

 

みなさんはどっちの考え方が幸せですか?

いずれにしても、これらの実現には行動が必要です。

でも行動しなければ永遠に変えられないのも事実です。

タイトルとURLをコピーしました